トピックス

※各トピックのタイトルをクリックすると詳細ページが表示されます。

ファスト&フルイドマネジメント社について

ラボアルティマ社について

ラボアルティマ社は、精密実験室用スプレードライの設計から製造・販売まで、また、顧客からの要望に基づく委託研究などを行っております。

フルイド社新型ディスペンサー・故障少なく維持費安価

(塗料報知記事)蘭フルイドマネージメント社の日本代理店ミツワテックはこのほど、フルイド社が開発した、新型ディスペンサー「HP500型」と「HP800型」の本格販売に乗り出した。この新型ディスペンサーはピストンポンプ方式で同時に4色と8色の同時吐出でスピード調色が出来る機種として、故障がほとんどなく維持費が安いなど注目された。

多色小口生産に対応できる粉体塗料製造装置

(塗料報知記事)粉体塗料市場では色替え対応や低温硬化、薄膜化と共に、少量多品種や短納期といった市場ニーズに対応できる多色小口生産化が強く望まれている。ミツワテックは、粉体塗料を効率良く小口生産できるインドのマイクロ・パウダー・テック社製の小口粉体塗料製造に必要な機器を導入。日本総代理店となって販売している。

スムーズに短時間で調色できるAT8000HSを国内販売

(塗料報知記事)ミツワテックは「AT8000HS」を国内販売している。同製品が従来機と異なる大きなポイントは、色材をピストンに注入するのと同時に吐出の動作を行える点。従来に比べ、スムーズで迅速な吐出を実現した。

超小型粉体生産システムを輸入販売

(ペイント&コーティングジャーナル記事)ミツワテックが輸入販売する超小型粉体塗料製造装置が反響を呼んでいる。1時間当たり最少250gから8~10kg程度の少量ロットで粉体塗料を生産できるため、ラボ機としてばかりでなく、数キロの小ロット対応生産システムとして活用したいとの要望が出されている・・・

低価格でコンパクトな粉体小口専門機を発売

(塗料報知記事)ミツワテックは粉体塗料を効率良く小口生産できるインドのマイクロ・パウダー・テック社製の粉体塗料用エクストルーダ「MPT-23C」及び粉砕・分給機「ACM MPT-1」の販売を開始した・・・

250gロットから製造可能な粉体塗料製造装置を販売

(ペイント&コーティングジャーナル記事) 改正大気汚染防止法の施行を背景に低VOC化のメーンストリームが形成されつつある。そのひとつの柱となる粉体塗料シフトが、実態以上に水面下で進みつつある。3万7,000トン、240億円(平成17年度)の市場規模と欧米に比べ粉体塗料比率は決して高くはないが、工業分野の底辺を形成する焼付塗装工場(コーター)での粉体導入意欲が強まってきた。しかし相変わらずネックなのは少量かつ変量多品種の被塗物への対応力。 そこで注目されているのが色替えや小ロットに対応できるラボレベルの粉体塗料製造機。ワンロットが時間当たり250gから製造でき、最大10kgまで製造可能で、粉砕機はトウモロコシで洗浄するため環境適合性もあり。低VOCの方向として水性しかオプション(選択肢)のなかった塗料メーカー、工業用ディーラーばかりでなく、粉体塗装のカスタマイズを狙うユーザーからも注目を集めている・・・

ジェミニ社、世界初の回転式・タンク分割式のディスペンシング装置開発

(ペイント&コーティングジャーナル記事)ジェミニ社は、世界初の回転式とタンク分割式のディスペンシング装置を開発した。塗料製造スペースを非常にコンパクトにするメリットの他に、中量から缶内レベルまでの多様なロットに対応できるため、供給スピードのアップやトータルコストダウンにもつながるシステムとして注目されている。

マイクロパウダーテック社について

マイクロパウダーテック社の特徴は小規模から中規模向けの粉体塗料製造装置に特化している点であり、また、同社が製作販売する粉体塗料製造装置は、粉体塗料製造ノウハウを活かした色替えやメインテナンスの容易なシステムに仕上げられている。

ジェミニ社について

GEMINI社はプロセスエンジニアリングと同時に世界に誇る計量技術を持っている。標準仕様の機器製造のみならず、顧客の製造工程に合わせた、顧客個々のニーズにマッチしたシステムの開発、製造及び引渡しを行う。引渡し後のオペレータトレイニングやシステム支援などのアフターケアーを提供する。

世界初、ロータリー式ポンプ採用 ユニット型ディスペンサー発売

(ペイント&コーティングジャーナル記事) ミツワテックはF&FM社の最新型ディスペンサー「アキュチンター (AT)7500」の国内販売をスタートさせた。この6月には塗料メーカーに納入し、数社からも引き合いが寄せられている・・・

印PCS社のコンピューター・カラー・マッチングシステム

(塗料報知記事)最近、建築用塗料分野では計量調色の普及と共に、色見本による調色依頼が増え、かつ即納が求められている。しかしCCM(コンピューター・カラー・マッチング)システムが高価格でコスト的に導入が見送られてきた経緯がある・・・

プレミアカラースキャン社について

プレミアカラースキャン社はインドに本拠を置くソフトウェア及びハードウエアメーカです。 同社のコンピュータ・カラー・マッチングシステム(CCM)は世界的に高い評価を受けており、またインド国内では自社製品であるCCMの販売に併せて、欧米の製品の輸入販売も手がけています。

ペイントショー2002に出展

2002年4月4日~4月6日の間、東京ビックサイトにて開催されたペイントショー2002にミツワテックは『StylishPaintネット』を出展いたしました。
 
 
有限会社 ミツワテック
〒536-0005 大阪府大阪市城東区中央2-10-28
tel:06-4255-3460
fax:06-4255-3461
Copyright © 2019  MitsuwaTech Co.,Ltd. All rights reserved.
| Web by flowplus | built with concrete5 CMS.(concrete5は Concrete CMS, Inc の登録商標です) |