COLORLAB+
(カラーラボ・プラス)
プレミアカラースキャン社製 コンピュータ・カラー・マッチングシステム

プレミアカラースキャン社
 

コンピュータ・カラー・マッチングシステム(CCM)

COLORLAB+

近年、注文色の短納期と必要量の供給対応が非常に重要な課題となりつつあります。その一方で、調色技術者の不足も深刻化しつつあります。また、塗料業界では流通段階で調色するのが一般化しつつあります。

このような状況下で、当社のCCMシステムは、流通段階の中でコストの吸収ができる、高機能化を維持しながらツールとしての低価格化を実現する、インド製を輸入販売しております。

CCMソフトウエア「カラーラボ・プラス」は、色彩管理からデータ管理までCCMに必要なアプリケーションを全て含んでおります。

また、全て日本語による表示と操作手順を自動的に表示し、非常に使い易くなっています。下記の操作画面例をご参照ください

色の入り口にあたる測色器・分光光度計との接続においては、プレミアカラースキャン社製以外に、ハンター社、ガードナー社、マクベス社、データカラー社、エクスライト社及びミノルタ社の各社製品の測色器・分光光度計と接続できます。

また色の出口にあたる調色機器との接続では、CCMで得られた配合はF&FM社製、コロブ社製、TECMEC社製のオートマチックディスペンサーと接続することができます。

適用分野は染色、塗料、顔料、プラスチック、ゴム、ファイバー、カーペット、製紙、インク(インキ)、化粧品、透過色等あらゆる着色分野です。

CCMシステムがその機能を最大限に発揮させるには、分光光度計やCCMソフトウエアの優秀性は必要ですが、それと同時に重要なウエイトを占めるのは、導入される調色現場に対するサポートです。

当社では日本で30年前から始まったCCMの導入現場に携わり、多くの経験を重ねてきました。その経験を活かして調色現場の様々なニーズに対応するために、問題点の分析とその対処や、CCMソフトのカストマイズ化を行っております。

COLORLAB+(カラーラボ・プラス)概要

カラーラボ・プラスは、最も使い易いコンピュータカラーマッチングシステムです。

新色配合処方計算
  • 許容色差内で、最も色材コストの安い処方結果
  • 許容色差内で、最も条件等色の少ない処方結果
  • 最適隠蔽計算により色材コストを下げる処方結果
  • 処方結果によって得られる色を、見本色とあわせて画面上に表示し最適な色材組合せを選択できます。
配合修正処方計算
  • 配合やり直し処方計算
  • 追加修正処方計算 (自動及びオペレータによる修正シュミレレーション)
色検索
  • 過去の配合色から、見本色に最も近い色を探し出します。
データベース作成計算
  • 色材データ作成
  • ベースデータ作成
色彩管理

色差計算、着色力計算(色材ロット振れ管理)、白度計算、黄色度計算、ブライトネス、分光反射率表示(グラフも含む)、CIE色度表示、グレースケール値、汚染スケール値、隠蔽率計算、バッチ色の合格・不合格管理

色差式 CIEL*A*B*、FMCⅡ、HUNTERLAB、CMC 2:1、ANLAB50
視野 2°、10°
光源 D65、A,C,F3、CWF TL84
白度計算 Stephensen、Harrison、Berger、Stensby、CIE、Hunter、ASTM E313
黄色度計算 ASTM D1925、ASTM E313
ブライトネス計算 TAPPI、ISO

COLORLAB+(カラーラボ・プラス) 操作画面例

※ 下記の画面画像をクリックすると拡大画像が表示されます。

お問合せ先

有限会社 ミツワテック

こちらのページよりお問合せください。
追って弊社よりご連絡させていただきます。

 
 
有限会社 ミツワテック
〒536-0005 大阪府大阪市城東区中央2-10-28
tel:06-4255-3460
fax:06-4255-3461
Copyright © 2019  MitsuwaTech Co.,Ltd. All rights reserved.
| Web by flowplus | built with concrete5 CMS.(concrete5は Concrete CMS, Inc の登録商標です) |